TOEICのスコア目標

TOEICの目標点数をTOEIC試験を受ける際に、皆さんは設定しているでしょうか。 
特にTOEICの受験を初めて受ける方や、会社設立した会社などがTOEICを受けるように強制的に受験させられた人は、特にこれといった目標を立てずに受ける方も多いのではないかと思います。 

TOEICの試験で高得点を取りたいと思って勉強している方じゃない限り、明確な目標スコアは持っていないと思います。
ですが管理人の最初のスコアがあまりにも悪くとても人に公表できないような恥ずかしいスコア(レベルE)を取ってしまったので、そこで、次にTOEICの受験をするときには、目標スコアを設定して自分なりにその目標へ向けての努力をするようになったのです。その目標とはレベルCへ入るという目標にしたのです。
しかし、なぜ目標がレベルCなのかと思う方もいるでしょう。「レベルAを目指したほうがいいのではないか」という方もいらっしゃるとおもいます。 でもなぜレベルCかというと、下記にTOEICスコアのレベル表を書いてますのでそちらを見ていただきたいのですが、管理人はTOEICのレベルで日常レベルが話せるぐらいで十分だと思ったからです。
レベルCとは「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる」と書いてます。スコアが470点以上の点数を超えさえすればレベルCになるのです。ここで初めて立てたTOEIC目標がレベルCに入ることだったのです。
よく始めからあまりに高い目標を設定をし、自分を追い込む人も見受けられますが、管理人の考え方的には、あまりに高い目標はストレスが溜まるだけではないかと考えます。(もちろん到達できる人はさらなる上の目標を目指したほうがいいと思います。)
ちなみに、企業によりけりになるのですが、ボーナスの査定にTOEICのスコアを設定しているところもあるそうです。そういう人たちは生活がかかっていますので、査定でUPするTOEICのスコアを目指すのは必要と思います。
ともかく人間というのは目標を設定したら、その目標を達成するために努力する生き物でもある反面、その努力をすぐにあきらめたり、さぼったりする生き物でもあり、両極端にうまく出来ているのです。
もし目標を設定したら毎日少しずつコツコツと積み重ねが大事です。
「今日は疲れていて勉強したくない」と思っても5分参考書やリスニングをするだけでもいいので、勉強を続けてみて下さい。TOEICだけに限らずですが、きっと目標を達成することが出来るでしょう。

check

開店祝い、お祝いやお供えに胡蝶蘭を

胡蝶蘭

住所貸しサービスを行っています!お気軽にご相談ください!

住所貸し

2018/3/22 更新